日本のカジノ法について知っておくべき5つのポイント

現行の法律

2016年12月に可決された統合型リゾート推進法案により、カジノリゾートの運営の基礎が固められました。この法案により、統合型リゾート内でカジノゲームを行うことが可能になりました。 

統合型リゾートの候補地

統合型リゾートのライセンスは3つ発行される予定で、最有力候補地は大阪となっています。

日本の統合型リゾートの運営組織候補

米国に拠点を置くラスベガス・サンズ、MGMリゾーツ・インターナショナル、シーザーズ・エンターテインメント、ハードロック・インターナショナルが興味を示しています。

カジノ産業にとって日本が重要な理由

日本の政府観光局の報告によると、2018年の上半期の海外からの観光客は約1,600万人に達し、前年比で16%増でした。ゴールドマン・サックスは、3つの統合型リゾートがオープンした場合、日本のカジノ市場は1兆7,500億円(158億ドル)になると試算しています。

統合型リゾートのカジノの予定利用者

ゴールドマン・サックスの報告によると、日本にカジノが建築された場合、利用者の57%は国内在住者になると見られています。杉山賢氏によると、この数をアジアのカジノ全体に換算すると、約29%を閉めることになるそうです。